全国の警察施設に対するアクセス監視結果を発表(警察庁) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

全国の警察施設に対するアクセス監視結果を発表(警察庁)

 警察庁は、同庁ホームページ上に「わが国におけるインターネット治安情勢の分析について」と題したレポートを掲載した。同レポートは、国民のセキュリティ意識の高揚などを目的に、平成14年度第3/四半期における、全国の警察施設に対するサイバー攻撃を分析したもの。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 警察庁は、同庁ホームページ上に「わが国におけるインターネット治安情勢の分析について」と題したレポートを掲載した。同レポートは、国民のセキュリティ意識の高揚などを目的に、平成14年度第3/四半期における、全国の警察施設に対するサイバー攻撃を分析したもの。レポートによると、攻撃の発信元は、イスラエル、米国、日本、韓国の順で多い。攻撃手法で最も多いのがPing攻撃(49.2%)、ついで、ポートスキャン(36.4%)、また、侵入やサービス妨害を意図した悪質な攻撃は、全体の約1割ほど発生している。

http://www.npa.go.jp/hightech/index.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×