1月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

1月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は2月6日、2003年1月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。レポートによると1月の届出件数は30件(昨年12月は22件)。そのうち、実害があったのは侵入被害が7件と最も多く、ワーム感染(W32/SQLSlamme

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は2月6日、2003年1月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。レポートによると1月の届出件数は30件(昨年12月は22件)。そのうち、実害があったのは侵入被害が7件と最も多く、ワーム感染(W32/SQLSlammer)が1件、メール不正中継が1件、アドレス詐称が2件、その他(不正自動架電)が1件であった。侵入被害7件のうち5件はWebサーバへの侵入で、その原因はRAQ4やApache、OpenSSLなどの既知の脆弱性を突かれた被害や設定不備によるもの。世界中にネット障害を引き起こした「W32/SQLSlammer」の事例同様、最新のセキュリティ情報を収集し、修正プログラムを適用する必要があるとしている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20030206/0301.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×