1月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

1月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は2月6日、2003年1月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。レポートによると1月の届出件数は30件(昨年12月は22件)。そのうち、実害があったのは侵入被害が7件と最も多く、ワーム感染(W32/SQLSlamme

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は2月6日、2003年1月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。レポートによると1月の届出件数は30件(昨年12月は22件)。そのうち、実害があったのは侵入被害が7件と最も多く、ワーム感染(W32/SQLSlammer)が1件、メール不正中継が1件、アドレス詐称が2件、その他(不正自動架電)が1件であった。侵入被害7件のうち5件はWebサーバへの侵入で、その原因はRAQ4やApache、OpenSSLなどの既知の脆弱性を突かれた被害や設定不備によるもの。世界中にネット障害を引き起こした「W32/SQLSlammer」の事例同様、最新のセキュリティ情報を収集し、修正プログラムを適用する必要があるとしている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20030206/0301.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×