Slammerワームの起源と動機の検証 | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

Slammerワームの起源と動機の検証

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Honker Union of China(HUC)に関係のある中国人ハッカーがSlammerワームの容疑者である可能性が最も高いという。同ワームプログラム自体の最初の7行に"nop"というコマンドが記述されているが、MSSQLポート1434の攻

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Honker Union of China(HUC)に関係のある中国人ハッカーがSlammerワームの容疑者である可能性が最も高いという。同ワームプログラム自体の最初の7行に"nop"というコマンドが記述されているが、MSSQLポート1434の攻撃用プログラムの1つを掲載したHUCのハッカーの通称が"n0p"。しかし今なお、実際のワームプログラムとHUCの明確な関係は確認されていない。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【12:41 GMT、01、27、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×