富士通WebjetにJava実行環境のセキュリティの問題 | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

富士通WebjetにJava実行環境のセキュリティの問題

 富士通は、WebjetにおけるJava実行環境のセキュリティの問題を発表した。これはWindows NT4.0 Server + Webjet V3.0 L10, V3.0 L20およびWindows 2000 Server + Webjet V3.0 L10, V3.0 L20において、Java実行システムでの任意のコードの実行、サービスの異常、情報漏

国際 海外情報
 富士通は、WebjetにおけるJava実行環境のセキュリティの問題を発表した。これはWindows NT4.0 Server + Webjet V3.0 L10, V3.0 L20およびWindows 2000 Server + Webjet V3.0 L10, V3.0 L20において、Java実行システムでの任意のコードの実行、サービスの異常、情報漏洩が考えられるというもの。通常のJavaプログラムでは、このセキュリティホールを利用することはないが、不正に圧縮コードを改変した悪意のあるプログラムを利用した場合は、このセキュリティホールを利用して第三者がそのコードをユーザのコードとして実行させ、結果としてサービスの異常や、情報の漏洩などの影響を与える可能性があるという。


富士通Webjetにおける、Java実行環境のセキュリティの問題
http://software.fujitsu.com/jp/security/notice/webjet20030117.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×