富士通WebjetにJava実行環境のセキュリティの問題 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

富士通WebjetにJava実行環境のセキュリティの問題

国際 海外情報

 富士通は、WebjetにおけるJava実行環境のセキュリティの問題を発表した。これはWindows NT4.0 Server + Webjet V3.0 L10, V3.0 L20およびWindows 2000 Server + Webjet V3.0 L10, V3.0 L20において、Java実行システムでの任意のコードの実行、サービスの異常、情報漏洩が考えられるというもの。通常のJavaプログラムでは、このセキュリティホールを利用することはないが、不正に圧縮コードを改変した悪意のあるプログラムを利用した場合は、このセキュリティホールを利用して第三者がそのコードをユーザのコードとして実行させ、結果としてサービスの異常や、情報の漏洩などの影響を与える可能性があるという。


富士通Webjetにおける、Java実行環境のセキュリティの問題
http://software.fujitsu.com/jp/security/notice/webjet20030117.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×