2002年12月および2002年年間のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

2002年12月および2002年年間のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は1月10日、2002年12月および2002年年間のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。12月の届出件数は22件と、2002年では最も少なく、侵入被害も1件のみであった。 しかし、12月にはWindowsに特に注意を要す

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は1月10日、2002年12月および2002年年間のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。12月の届出件数は22件と、2002年では最も少なく、侵入被害も1件のみであった。
しかし、12月にはWindowsに特に注意を要する脆弱性が新たに発見されたことから、IPAはWindowsユーザに注意を呼びかけている。
 2002年年間の届出件数は619件と、2001年の届出件数(550件)の約1.1倍となり、過去最多の届出件数となった。2002年は2001年と比べて、ワーム感染・形跡の届出が大幅に減少した一方、アクセス形跡やDoS(サービス妨害)の届出が大幅に増加し、侵入やアドレス詐称の届出も増加した。不正アクセスの届出においては、個人ユーザの届出件数が、2001年の30%から、2002年は67%と大幅に増加している。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20030110/0212.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×