新種のAvronワームが1週間以内に発生する見込み | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

新種のAvronワームが1週間以内に発生する見込み

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Otto von Gutenberg氏は、1週間以内に新種であるAvronワームに強力な機能を追加すると発表している。Avron.B(別名Avril-II、Lirva、Naith)の方は既に流布しており、現在も拡散中である。このワームは多数の機能を兼

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Otto von Gutenberg氏は、1週間以内に新種であるAvronワームに強力な機能を追加すると発表している。Avron.B(別名Avril-II、Lirva、Naith)の方は既に流布しており、現在も拡散中である。このワームは多数の機能を兼ね備えており、現在68ヶ国で拡散しており検知数も増大している。このワーム作成者、Gutenberg氏は、ロシア国境に近いカザフスタン出身の18歳の学生である。悪意のあるプログラムに対する興味と「確率論」に対する興味とは共通性があると語っている。又、Gutenberg氏の両親は本職のプログラマーで、強力な悪意のあるプログラムの作成に必要な全ツールとリソースを同氏に提供していると言われている。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【04:45 GMT、01、09、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×