被害が急増しつつある「LIRVA」の各社対応状況 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

被害が急増しつつある「LIRVA」の各社対応状況

製品・サービス・業界動向 業界動向

 被害が急増しつつあるトロイの木馬型不正プログラム「LIRVA」の各アンチウィルスベンダの対応状況を以下にまとめた。LIRVAは一般的にワーム活動に利用される電子メールの他、ネットワークドライブやIRC、ICQ、KaZaAを通じて拡散する。また、パスワードを外部に漏洩させるハッキングツール的活動や、ローカル内のHTML文書ファイルに不正スクリプトをコピーするといった複数の活動を行う。


エフセキュア
http://www.f-secure.co.jp/v-descs/v-descs3/Lirva-B.htm

シマンテック
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.lirva.a@mm.html

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_LIRVA.C

日本ネットワークアソシエイツ
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virL.asp?v=W32/Lirva.a@MM

ソフォス
http://www.sophos.co.jp/virusinfo/analyses/w32avrilb.html

コンピュータアソシエイツ
http://www.caj.co.jp/virusinfo/2003/win32_lirva_a.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×