Mailmanで不正なファイルアクセスが できる(iDEFENSE独占レポート) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

Mailmanで不正なファイルアクセスが できる(iDEFENSE独占レポート)

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、最近リリースされたMailman 2.1のソースコード配布に不正なファイルアクセス許可が含まれる。ファイルおよびディレクトリーの大半はデフォルトでworld writableに設定されているため、攻撃者はソースコードをコンパイ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、最近リリースされたMailman 2.1のソースコード配布に不正なファイルアクセス許可が含まれる。ファイルおよびディレクトリーの大半はデフォルトでworld writableに設定されているため、攻撃者はソースコードをコンパイルおよびインストールされる前に変更できてしまう可能性がある。Mailmanは多数のバイナリ(約12個)を特定グループにsetgid設定して実行する必要があるため、例えばMailmanが"nosetuid"でインストールされている場所にディスクパーティションをマウントするなどのセキュリティ保護を実行することができない。これにより、攻撃者はソフトウェアのインストール時にバックドアを簡単に作成したり、システムを乗っ取ることができてしまう。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【18:03 GMT、01、08、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×