RSA SecurIDに無線LAN環境のアクセス保護機能を追加(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

RSA SecurIDに無線LAN環境のアクセス保護機能を追加(米RSA Security)

 米RSA Securityは2002年12月16日、RSA SecurID二要素認証ソリューションに、無線LAN(WLAN)環境へのアクセス保護機能が搭載されたと発表した。同社は、802.1x標準をサポートするFunk SoftwareやProximなどの主要ベンダと協力し、RSA SecurID二要素ユーザ認証とWLANソ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは2002年12月16日、RSA SecurID二要素認証ソリューションに、無線LAN(WLAN)環境へのアクセス保護機能が搭載されたと発表した。同社は、802.1x標準をサポートするFunk SoftwareやProximなどの主要ベンダと協力し、RSA SecurID二要素ユーザ認証とWLANソリューションとの統合を可能とした。今回の新機能追加により、脆弱なパスワードを強力な二要素ユーザ認証に切り替えてWLANを保護し、より戦略的なアプリケーションや機密性の高い用途にも活用可能となった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200212162.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×