オンラインバンキングサイトがユーザのパスワードを露出 | ScanNetSecurity
2022.08.13(土)

オンラインバンキングサイトがユーザのパスワードを露出

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、多くのオンラインバンキングWebサイトでは、Webブラウザが口座アクセス時に用いるユーザ名やパスワードといったデータを引き出せるという。多くの利用者がパスワード記録機能を有効に設定しており、その結果、利用者

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、多くのオンラインバンキングWebサイトでは、Webブラウザが口座アクセス時に用いるユーザ名やパスワードといったデータを引き出せるという。多くの利用者がパスワード記録機能を有効に設定しており、その結果、利用者は様々な詐欺に巻き込まれる可能性があり、合法的なアクセスコードが使用されているため、ほとんどが反証困難である。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【04:16 GMT、12、31、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×