Yahaワームの新型亜種が発見される | ScanNetSecurity
2022.08.13(土)

Yahaワームの新型亜種が発見される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Yahaワームの新型亜種が発見された。これはYaha.K(別名Yaha.M)およびLentin.Iの亜種であり、ここ数日間で感染が高速化し、全世界に拡散している。サイズは34,304 バイトで、Yaha.Kに酷似しており、アンチウイルスソ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Yahaワームの新型亜種が発見された。これはYaha.K(別名Yaha.M)およびLentin.Iの亜種であり、ここ数日間で感染が高速化し、全世界に拡散している。サイズは34,304 バイトで、Yaha.Kに酷似しており、アンチウイルスソフトウェアによる検知を避けるため、未使用のコードが使われている。Yaha.L はYaha.Kと同じ操作の実行後、My Documentsにある全てのファイルの属性を隠しファイルに変更する。また、マウスの右クリックと左クリックの機能を入れ替え、デスクトップ上にファイルを作成する可能性もある。さらに、Internet Explorer のデフォルトホームページを変更することがある上、アンチウイルスソフトウェアを無効化し、パキスタン政府のウェブサイトに対するDoS攻撃を実行する。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【22:11 GMT、01、01、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×