Ejectデバイスコントロールソフトウェアのバッファオーバーフローを修正(iDEFENSE独占レポート) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

Ejectデバイスコントロールソフトウェアのバッファオーバーフローを修正(iDEFENSE独占レポート)

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Jeff Tranter氏のEjectデバイスエジェクションコントロールアプリケーションは、ローカルバッファオーバーフロー攻撃の影響を受ける。Linuxオペレーティングシステム上でEjectを実行する場合、SymLink()のアプリケー

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Jeff Tranter氏のEjectデバイスエジェクションコントロールアプリケーションは、ローカルバッファオーバーフロー攻撃の影響を受ける。Linuxオペレーティングシステム上でEjectを実行する場合、SymLink()のアプリケーション関数がシンボリックリンクの存在を確認する。作成者は、サイズが1024の静的バッファを利用して、パス値を操作する。しかし、Linuxでは、パスの最大の長さは4096である。そのため、長すぎるパスを使ってrealpath()を引き渡すことにより、攻撃者が保存された命令ポインターを上書きする可能性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【22:19 GMT、12、20、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×