3ComがNBX IP電話システムのセキュリティアップデートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

3ComがNBX IP電話システムのセキュリティアップデートを発表

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、3Com社では、リモートで悪用可能なサービス拒否(DoS)状態を修正するNBX IP電話システムのセキュリティパッチを発表した。リモート攻撃者は、CELコマンドとそれに続く長いデータ文字列を送信することにより、NBX IP電話システムをハングさせることが可能である。通常、CELコマンドは多くのFTPサーバーではサポートされていない。システムがハングした場合は、新しい通話を受信することができなくなる。さらに、既存の通話は継続され切断できなくなるため、長距離通話を行っている場合は多額の通話料金を請求される結果となる。修復には、システムのハードリセットが必要である。ただし、システムのハードリセットにより、ファイルの破損が発生する可能性がある。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:22 GMT、12、04、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×