BMVでローカル攻撃者によるカーネルメモリーの読み書き(iDEFENSE独占レポート) | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

BMVでローカル攻撃者によるカーネルメモリーの読み書き(iDEFENSE独占レポート)

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Jan Kybic氏とPeter Samuelson氏のBitMap Viewer(BMV)アプリケーションでは、コンソールへのアクセス権限を持つローカルユーザーがカーネルメモリー(/dev/mem)の読み書きファイル記述子を入手できる。BMVは、SVG

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Jan Kybic氏とPeter Samuelson氏のBitMap Viewer(BMV)アプリケーションでは、コンソールへのアクセス権限を持つローカルユーザーがカーネルメモリー(/dev/mem)の読み書きファイル記述子を入手できる。BMVは、SVGAlibライブラリーと連動するLinux対応のPostScript表示アプリケーションである。SVGAlibはX Windows不要のLinux対応低レベルグラフィックスライブラリーである。Debian 3.0でのデフォルトの場合のように、BMWがSVGAlibに対してコンパイルされ、インストールされたset user idルートである場合、コンソールへのアクセス権限を持つローカルユーザーは、/dev/memへの読み書き記述子へのアクセスを入手できる。攻撃者は、-gスイッチへの引数として攻撃用アプリケーションを供給することにより、これを実現できる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【18:28 GMT、12、02、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×