悪意のあるRPCの呼び出しがMicrosoft Windowsをクラッシュ | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

悪意のあるRPCの呼び出しがMicrosoft Windowsをクラッシュ

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社のWindows NT 4.0、2000、XPのオペレーティングシステムには、サービス制御マネージャ(SCM)によって変造されたリモートプロシージャの呼び出し(RPC)の扱いにおいて、リモートで悪用可能なサービ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社のWindows NT 4.0、2000、XPのオペレーティングシステムには、サービス制御マネージャ(SCM)によって変造されたリモートプロシージャの呼び出し(RPC)の扱いにおいて、リモートで悪用可能なサービス拒否状態が含まれていると報告された。SCMは、システムサービスの変更を可能にする管理用ツールであり、インストールされているサービスのデータベース管理、サービスの開始や列挙、サービスを実行するためのステータス情報の管理、サービスデータベースのロック操作を行うためのインターフェイスを提供する。多様なSC_MANAGER機能で、メモリーの割り当てを必要とするが、許可できるメモリー量に制限されないため、リモート攻撃者が要求を立て続けに生成することによりターゲットシステムのメモリー容量全体を消費することが可能となる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【04:27 GMT、11、27、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×