大量カードメール送信コードのFriendGreetingsをホストする新しいサイト | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

大量カードメール送信コードのFriendGreetingsをホストする新しいサイト

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、FriendsGreetingsコードの配布元であるPermissioned Mediaが、現在物議をかもしているワームに似た同社のコードを介して、ユーザーに大量メールを継続して送りつけるための新しいウェブサイトを実装した。ルーチンで

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、FriendsGreetingsコードの配布元であるPermissioned Mediaが、現在物議をかもしているワームに似た同社のコードを介して、ユーザーに大量メールを継続して送りつけるための新しいウェブサイトを実装した。ルーチンではサイズが136,137バイトのCABファイルを使用している。問題の攻撃コードをホストしている新しいドメインはhttp://www.Laugh-Mail.com で、同コードの既に出回っている亜種のケースでは大量メールを送信するためにはユーザーが「End User License Agreement(EULA:一般ユーザーライセンス同意書)に同意する必要がある。このコードが自己ルーチンの実行前に許可を求めるため、このコードは厳密にはワームではなくコードに分類される。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【00:33 GMT、11、14、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×