Debianが印刷システムのセキュリティアップデートを発表 | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

Debianが印刷システムのセキュリティアップデートを発表

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、The Debian Projectが、一般的に印刷システムの一部としてインストールされるコンポーネント、html2psのセキュリティアップデートを発表した。アップデートはhtml2psのリモート悪用可能な欠陥である、フィルターでHT

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、The Debian Projectが、一般的に印刷システムの一部としてインストールされるコンポーネント、html2psのセキュリティアップデートを発表した。アップデートはhtml2psのリモート悪用可能な欠陥である、フィルターでHTMLファイルをポストスクリプトに変換し印刷できる点を修正する。攻撃者はデータをhtml2psに受け渡し、lpユーザー(デフォルトで印刷に使用されるアカウント)としてコマンドを実行できる状態であった。攻撃用プログラムは一般公開されていないが、欠陥の影響の大きさと悪用の容易さから、今後ハッカーコミュニティーで攻撃用プログラムが公開される可能性は高い。尚、このパッケージはSuSE Linuxでデフォルトでインストールされる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×