Ororの複数の亜種が発見される | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

Ororの複数の亜種が発見される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Ororワーム(別名Rodon)の複数の亜種の存在が確認された。Panda Software社はOrorを最高レベルの脅威と位置づけている。Ororワームは高度に複合化され、ランダム化されている。電子メールをはじめさまざまなネットワ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Ororワーム(別名Rodon)の複数の亜種の存在が確認された。Panda Software社はOrorを最高レベルの脅威と位置づけている。Ororワームは高度に複合化され、ランダム化されている。電子メールをはじめさまざまなネットワークを介して拡散し、よく知られているiFrameの脆弱性を悪用して悪意ある添付ファイルを自動実行する。一部の亜種はIRCバックドア型トロイの木馬をインストールし、アンチウイルスソフトを無効にし、特定の条件下でファイルを削除するペイロードが組み込まれている。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【18:27 GMT、11、10、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×