10月の不正アクセスの届出状況を発表(情報処理振興事業協会セキュリティセンター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

10月の不正アクセスの届出状況を発表(情報処理振興事業協会セキュリティセンター)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は11月7日、2002年10月のコンピュータ不正アクセスの届出状況を発表した。10月の届出件数は49件と、3ヶ月ぶりに40件を上回った。また、侵入被害の届出が19件と今年最多の件数となっている。侵入被害に遭った19件の原因の内訳は、パスワード設定・管理不備2件、古いバージョン・パッチ未導入7件、設定不備6件、不明4件。
今回は、IISの脆弱性を突かれWeb改ざんの被害にあった事例や、不正アクセス対策を実施していなかったPCが被害に遭った事例が目立ったとのこと。IPA/ISECは、一般ユーザおよび管理者に、基本に返ったセキュリティ対策を継続的に実施するよう呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20021107/0210.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×