【後悔するより、いま安全策を(3)】 | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

【後悔するより、いま安全策を(3)】

 殆どの Mac は、話題を集めている最新のウイルス(Nimda、Code Red など)の影響を受けない。Mac に限定されたウイルスおよびワームは希だが、確実に存在する。従って、賢明な Mac ユーザは自身が危険にさらされているか否かを認識し、危険な場合は予防策を講じている

国際 海外情報
 殆どの Mac は、話題を集めている最新のウイルス(Nimda、Code Red など)の影響を受けない。Mac に限定されたウイルスおよびワームは希だが、確実に存在する。従って、賢明な Mac ユーザは自身が危険にさらされているか否かを認識し、危険な場合は予防策を講じているのである。


あなたは危険にさらされているか? 三つの危険なグループ

 最初のグループは、書き込み可能もしくは書き換え可能、マウント可能なタイプの媒体を使用している人たちだ。具体的には、ディスク(フロッピー、Zip、SuperDisk)、カートリッジ(Jaz、Orb、光磁気)、書き込み可能光学媒体(CD-R、CD-RW、DVD-RAM)、そして以前に別の Mac に挿入されていた他の全てのマウント可能な読み取り/ 書き込み可能媒体だ。別の Mac がその媒体を使用し、そしてあなたのデスクトップにマウントされた場合、あなたは既に感染している可能性がある。

 私はずい分前にそのような事実があることを知り、さらに有名な商用ソフトウェア出版社および一般の Mac 雑誌の両社が何千という非商用の感染 CD-ROMを何の疑いも持たない Mac ユーザに配布したことを覚えている。感染したMacに挿入したディスクは、全て感染している可能性がある。あなたがディスクを使用している場合、また使用を考えているのなら、少なくともウイルス対策を考慮する必要がある。


後悔するより、いま安全策を − その 2
ウイルス、ワームそしてハッカーについて
Bob LeVitus 著

[情報提供:SecureMac]
http://www.securemac.com/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×