Debian社がNISサーバーの問題点にパッチをリリース | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

Debian社がNISサーバーの問題点にパッチをリリース

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Debian Project社では、ネットワーク情報サービスで報告されているリモートで情報が漏洩する問題に対するセキュリティアップデートを発表した。NISは、コンピューターで情報を共有可能にするためにネットワーク全体に

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Debian Project社では、ネットワーク情報サービスで報告されているリモートで情報が漏洩する問題に対するセキュリティアップデートを発表した。NISは、コンピューターで情報を共有可能にするためにネットワーク全体に配布されている一般的なプロトコルだが、攻撃者が存在しないマップを要求することで、古いドメイン名とマップ名マップの一部を不正に取得することが可能だ。これは、2.5以前のNISの全バージョンで発生するメモリーリークが原因で、リモートで悪用することが出来る。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【01:41 GMT、10、22、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×