OpenBSD はカーネルの欠陥をパッチし、コンピューターの乗っ取りを防止 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

OpenBSD はカーネルの欠陥をパッチし、コンピューターの乗っ取りを防止

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、OpenBSD Projectは、攻撃者によってオペレーティングシステムのカーネルメモリが書き換えられる攻撃を防ぐためのセキュリティパッチをリリースした。OpenBSDパッチはsetitimer()システムコールを更新する。カーネルメモリへのアクセスを取得した攻撃者は、容易にシステムを危険にさらすことができる。また、簡単にはそのような攻撃者を止めることができない。この問題のための攻撃用プログラムはまだ公開されていないが、もし攻撃者は当該攻撃に成功すれば、攻撃用プログラムはがリリースされる可能性が高い。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【04:21 GMT、10、09、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×