Web Server 4Dのパスワード暴露を防止する部分的な暫定処置 | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

Web Server 4Dのパスワード暴露を防止する部分的な暫定処置

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、MDG Computer Services社のWeb Server 4Dは、ユーザー名とパスワードを安全性の低いファイルに保存するが、この情報を保護するための部分的な暫定処置を利用できる。パスワードとユーザー名を保存するファイルは、確

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、MDG Computer Services社のWeb Server 4Dは、ユーザー名とパスワードを安全性の低いファイルに保存するが、この情報を保護するための部分的な暫定処置を利用できる。パスワードとユーザー名を保存するファイルは、確実に保護する必要がある。強力な1方向暗号化を利用してパスワード漏洩を防ぐとともに、認証要求の照合を可能にすること。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【05:35 GMT、09、30、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×