Net-SNMPスイートのバグの悪用でSNMPデーモンがクラッシュ | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

Net-SNMPスイートのバグの悪用でSNMPデーモンがクラッシュ

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、リモート攻撃者がNet-SNMP ProjectのNet-SNMPスイートで発見されたバグを悪用すると、セッションを適切に確立せずに特殊パケットが生成および転送されるため、ターゲットのSNMPデーモンをクラッシュさせることができ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、リモート攻撃者がNet-SNMP ProjectのNet-SNMPスイートで発見されたバグを悪用すると、セッションを適切に確立せずに特殊パケットが生成および転送されるため、ターゲットのSNMPデーモンをクラッシュさせることができる。最初にセッションを確立しないでターゲットのSNMPデーモンにパケットを送信することにより、この問題を悪用することができる。デーモンは、SNMPエージェントとして機能することで、マネージャアプリケーションからのSNMP要求を受信、認証、そして処理する。この脆弱性を悪用すると、これら3つのステップから成るプロセスが実行されないなど様々な問題が生じる。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【13:32 GMT、09、25、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×