Microsoft社の Wordの脆弱性は以前考えられていたよりも攻撃が容易 | ScanNetSecurity
2021.10.26(火)

Microsoft社の Wordの脆弱性は以前考えられていたよりも攻撃が容易

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社のWordアプリケーションで発見されたバグにリモート攻撃者が攻撃を仕掛けた場合、以前考えられていたよりも簡単にターゲットユーザーコンピューターの既知ファイルにアクセスできることがわかった。

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社のWordアプリケーションで発見されたバグにリモート攻撃者が攻撃を仕掛けた場合、以前考えられていたよりも簡単にターゲットユーザーコンピューターの既知ファイルにアクセスできることがわかった。攻撃者はこの脆弱性を攻撃することで、ターゲットユーザーがドキュメントを保存する場所のパスを知ることができる。さらに、攻撃者はターゲットホスト上の既知ファイルのコンテンツにアクセスできる場合がある。しかしこれを実現するには、攻撃者は希望するファイルの名前とパスを取得する必要がある。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【17:25 GMT、09、20、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×