抗脆弱性クラスタ実験技術システムを共同構築(通信総合研究所、NEC) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

抗脆弱性クラスタ実験技術システムを共同構築(通信総合研究所、NEC)

 独立行政法人通信総合研究所と日本電気株式会社(NEC)は、コンピュータウイルスやサイバーテロなどに対応するための「抗脆弱性クラスタ実験技術システム」を共同で構築、ネットワークセキュリティに関する研究開発の効率化を図るとともに、セキュリティ技術の評価実験

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 独立行政法人通信総合研究所と日本電気株式会社(NEC)は、コンピュータウイルスやサイバーテロなどに対応するための「抗脆弱性クラスタ実験技術システム」を共同で構築、ネットワークセキュリティに関する研究開発の効率化を図るとともに、セキュリティ技術の評価実験などを開始した。同システムは、ウイルス感染に対処する方法や、不正アクセスなどのアタックに対処する方法などを実験するもので、仮想マシンソフトウェア(VMware GSX Server)の活用により、物理的には4台のサーバを、仮想的に最大32台にまで拡張した実験環境を構築可能。また、さまざまなハード構成・ソフト構成・ネットワーク構成の実験システムを擬似的に構築でき、さらに、この実験環境をライブラリに保存し再利用できるため、実験の効率化が図れる。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0209/1101.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×