【詳細情報】LG Electronics社のGoldStream LR3001Fルーターのバグの悪用によりクラッシュが発生 | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

【詳細情報】LG Electronics社のGoldStream LR3001Fルーターのバグの悪用によりクラッシュが発生

◆概要:  LG Electronics社のGoldStream LR3001Fルーターの2つのバグを悪用して、リモート攻撃者がルーターをクラッシュさせる事が可能であると報告されている。ルーターは、アクセスコントロールリストが定義されていない状態で出荷されるため、TCPポート23と80が開い

国際 海外情報
◆概要:
 LG Electronics社のGoldStream LR3001Fルーターの2つのバグを悪用して、リモート攻撃者がルーターをクラッシュさせる事が可能であると報告されている。ルーターは、アクセスコントロールリストが定義されていない状態で出荷されるため、TCPポート23と80が開いた状態のままになっている。1つのバグを悪用した第1の脆弱性は、これらのポートでフィルタリングが設定されていない場合に発生する。2つのポートのうちのいずれかにデータストリームが送信されると、ルーターが自動的に再起動する。2つめのバグを悪用した第2の問題は、パスワードをチェックする際のポート23すなわちテルネットサービスに関連する。2、3の"ENTER"文字に続けてランダムなデータストリームを用いることにより、ルーターを自動的に再起動させることができる。

ルーターに関する詳細は、 http://www.lge.com/b_product/network/router/router.shtml で入手可能。


◆情報ソース:
・Mr0vka.eu.org/ ( http://mr0vka.eu.org/docs/advisories/lg-3001f-2002-04-18.txt ), Aug. 20, 2002

◆キーワード:
 Other: Router

◆分析:
 (iDEFENSE米国)この悪用により、ユーザーのインターネット接続に影響が出る可能性がある。ルーターは自動的に再起動するが、このような攻撃が繰り返し仕掛けられれば、さらに深刻な問題が発生する可能性がある。

◆検知方法:
 ソフトウェアバージョンが4.0以下のルーターでこれら2つの脆弱性が確認されている。ただし、バージョン4.57は第2のバグにのみ脆弱で、第1のバグは確認されていない。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【18:49 GMT、08、21、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×