総合ウイルス対策の新戦略「McAfee MVP2」を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

総合ウイルス対策の新戦略「McAfee MVP2」を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は8月7日、総合ウイルス対策ソリューション「Managed Virus Protection(MVP)」の新戦略「McAfee MVP2」を発表した。  今回発表されたMVP2は、ゲートウェイ対策の「WebShield Appliance」、ウイルス対策の一元管理を行う「ePol

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は8月7日、総合ウイルス対策ソリューション「Managed Virus Protection(MVP)」の新戦略「McAfee MVP2」を発表した。
 今回発表されたMVP2は、ゲートウェイ対策の「WebShield Appliance」、ウイルス対策の一元管理を行う「ePolicy Orchestrator(ePO)」、ASPによるウイルス対策サービス「VirusScan ASaP」などで構成された、総合ウイルス対策ソリューション。ePOを中心に、製品のアップグレードを自動的に行う。また、未知のウイルスを"予防"する「Managed Virus Prevention」機能が実装され、各製品に実装済みのコンテンツフィルタリング機能を強化させている。
 今回同社は、MVP2を展開していくための新しいパートナー制度として「McAfee Authorized Parter」を8月6日より開始したとのこと。パートナーに認定された企業には、ePO、ASaPなどの製品の販売促進サポートや売上に応じた優遇制度を提供する。

http://www.nai.com/japan/prelease/pr_02B.asp?pr=02/08/07
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×