一元管理が可能なファイアウォール/侵入検知ツールを発売(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

一元管理が可能なファイアウォール/侵入検知ツールを発売(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は8月1日、一元管理が可能なデスクトップファイアウォール「McAfee Desktop Firewall」を9月初旬より出荷開始すると発表した。今回の製品は、ファイアウォール機能と侵入検知システムを備えたツールで、パーソナルファイアウォー

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は8月1日、一元管理が可能なデスクトップファイアウォール「McAfee Desktop Firewall」を9月初旬より出荷開始すると発表した。今回の製品は、ファイアウォール機能と侵入検知システムを備えたツールで、パーソナルファイアウォールを拡張したもの。また、同社のウイルス対策ポリシー統合管理ツール「ePolicy Orchestrator」による集中管理が可能。これによりネットワーク管理者は、ユーザのセキュリティルールを設定できる。この集中管理機能を使わず、個別のデスクトップ上での利用も可能。価格は、一年間 100ライセンスで540,000円。ePolicy Orchestratorとのセット価格は一年間 100ライセンスで900,000円。

http://www.nai.com/japan/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×