第2四半期の不正アクセス届出状況を発表(情報処理振興事業協会セキュリティセンター) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

第2四半期の不正アクセス届出状況を発表(情報処理振興事業協会セキュリティセンター)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンターは7月26日、2002年第2四半期(4月〜6月)の不正アクセス届出状況を発表した。届出件数は前年同期とほぼ同水準の合計170件。前年同期に73%(129件)を占めていたワームに関する届出に代わり、不正なアクセス形跡を発見した「

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンターは7月26日、2002年第2四半期(4月〜6月)の不正アクセス届出状況を発表した。届出件数は前年同期とほぼ同水準の合計170件。前年同期に73%(129件)を占めていたワームに関する届出に代わり、不正なアクセス形跡を発見した「アクセス形跡(未遂)」の届出が105件で、全体の約6割を占めた。これはワクチンソフトおよびファイアウォールの導入の浸透による効果があるものと思われる。実被害があった届出は53件。被害原因のトップは、「古いバージョン、パッチ未導入など」で合計8件、次いで「設定の不備」によるものが6件、原因不明のものが20件だった。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20020726/02q2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×