Enterceptの最新パッチで他の管理者アカウントへの不正アクセスを防止 | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

Enterceptの最新パッチで他の管理者アカウントへの不正アクセスを防止

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Entercept Security Technologies社のEnterceptアプリケーションに対する最新Windowsエージェントには、ローカルの管理者がentercept_agentアカウントへのパスワードを不正に取得する問題を防ぐ修正が搭載されている

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Entercept Security Technologies社のEnterceptアプリケーションに対する最新Windowsエージェントには、ローカルの管理者がentercept_agentアカウントへのパスワードを不正に取得する問題を防ぐ修正が搭載されている。当該脆弱性は 2002年5月21日以前のWindowsエージェントのバージョンのみで発生する。entercept_agentアカウントにアクセスすることで、ローカルの管理者はこのアカウントを使って匿名のままネットワーク上で悪意のある操作を実行することができる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【19:00 GMT、07、11、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×