Fosforoウイルスが7月12日にハングアプリケーションを設定 | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

Fosforoウイルスが7月12日にハングアプリケーションを設定

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Fosforoは、ウイルス検出をより混乱させるEPO(Entry Point Obscurity)技術の新種のファイル感染型ウイルスである。Fosforoの亜種には、特定した年の7月12日に実行する感染ハングアプリケーションの日付指定ペイロー

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Fosforoは、ウイルス検出をより混乱させるEPO(Entry Point Obscurity)技術の新種のファイル感染型ウイルスである。Fosforoの亜種には、特定した年の7月12日に実行する感染ハングアプリケーションの日付指定ペイロードを含む。Fosforoに感染後、ファイルは破損し、正常機能しなくなる場合がある。マイナーなファミリーの亜種 Fosofor.Bでは複数のバグが修正され、一回に数ファイルずつ感染するように設計されている。これは、Fosforo.Aに比べ少ないリソースを使用し、遅い拡散のため、検出がより困難である。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【14:03 GMT、07、11、2002】


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ウィルスにかかったら いますぐダウンロード!
http://www.vector.co.jp/shop/vagabond/catalogue/vb/?srno=SR026195&site=vg
http://www.vector.co.jp/swreg/catalogue/norton/?srno=SR026803&site=vg
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×