電子書籍販売サイト「パピレス」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

電子書籍販売サイト「パピレス」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

 電子書籍販売サイト「パピレス」に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が発見された。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 電子書籍販売サイト「パピレス」に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が発見された。

 今回発見された脆弱性は、ネットワークセキュリティ問題の研究、啓蒙を行っているoffice 氏によって発見されたもので、書籍検索用のCGIに問題があった。この問題を利用することにより、「パピレス」のWebサイトを装うことができるなど、危険性の高いWebページの作成でき、個人情報の取得などが行える可能性があったという。

 編集部では同社に連絡を行ったところ、10日には対策が施され、検索文字のチェック強化、同社サイト以外のサイトへの指定ができないように修正されている。

電子書店パピレス
http://www.papy.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×