いまだに残る日本ベリサイン偽装問題 Beyond Security とiDefense が検証 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

いまだに残る日本ベリサイン偽装問題 Beyond Security とiDefense が検証

製品・サービス・業界動向 業界動向

・概要
 SCAN 編集部では、3月15日に、日本ベリサインの「Secure Site シール」
に存在する偽装可能性について配信した。
 これは、日本ベリサイン社の「Secure Site シール」をクリックした際に、サイト認証情報を偽装表示できるものである。本来は、日本ベリサイン社がシールを交付しているサイトのみが、認証情報を表示できるはずのものである。
 この問題を利用してシールの交付を受けていないサイトが交付を受けているような表示を行うことが可能である。

日本ベリサイン 偽装可能性の残る「Secure Site シール」利用者の啓蒙による自衛強化などによる複合的な対処(2002.3.14)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/4367.html


・影響の範囲
 日本ベリサイン社の「Secure Site シール」サービスにこの問題が存在するため、日本国内(正確にはブラウザで日本語表示している利用者)のすべてのサイト利用者に対して偽装を行うことが可能である。
 利用者に対して、直接的な被害を与えることはないが、詐欺や悪質な商法をサイト上で行う際に、利用者の信用を得る効果的な方法として利用される危険がある。
 なお、イスラエル Beyond Security の検証によると、日本以外のベリサインには、偽装可能性は確認できなかったとのことである。

・対策
 利用者がシールの示す信頼あるいは安全性についての認識をあらためることである。シールそのものを信用せず、サイトに関する複合的な情報を収集すべきである(暗号化通信が行われているかなど)。


・経緯
 編集部が、この偽装問題について配信した後に、イスラエル Beyond Security の SecuriTeam が追加の検証を行い、その結果を6月28日に自社サイトに掲載、その後 BUGTRAQ に投稿した。 BUGTRAQ には、7月4日に掲載された。

SecuriTeam Falsifying a VeriSign Seal (Japan)
http://www.securiteam.com/securitynews/5IP0Q2A7FK.html
BUGTRAQ Falsifying a VeriSign Seal (Japan)
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0207/18.html

 その後、これらを情報源として米iDefense が偽装問題についてのレポートを配信した。
 上記2社によると、最低ひとつ以上の偽装サイトが日本国内に存在する可能性が高い。


・ベンダ側の対応状況
 日本ベリサイン社の「Secure Site シール」は、3ヶ月を経過した現在も偽装可能な状態となっている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  10. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×