悪用コードがさらに多くのオペレーティングシステムに影響 | ScanNetSecurity
2021.11.27(土)

悪用コードがさらに多くのオペレーティングシステムに影響

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、先に公開されたApache Software FoundationのHTTP Serverでチャンクエンコーディング(chunked-encoding)脆弱性の悪用コードのひとつが、Red Hat: Linuxなどさらに多くのオペレーティングシステムで実行可能であるこ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、先に公開されたApache Software FoundationのHTTP Serverでチャンクエンコーディング(chunked-encoding)脆弱性の悪用コードのひとつが、Red Hat: Linuxなどさらに多くのオペレーティングシステムで実行可能であることがわかった。現在公開されている2種類の方法は、着信データチャンクのサイズを誤認するHTTP Serverの欠陥を悪用するものである。入念に細工した無効要求を送信すると、この欠陥をリモート操作によって起動できる。Apacheのデフォルト設定では、この機能が有効になっている。この攻撃により、攻撃者が任意のコードを実行するか、サーバーそのものをクラッシュさせる可能性がある

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【01:10 GMT、06、24、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×