論争の的であるロシア-ウクライナのハッカーグループのリーダーがテロリズムを支持 | ScanNetSecurity
2021.11.29(月)

論争の的であるロシア-ウクライナのハッカーグループのリーダーがテロリズムを支持

◆概要:  論争の的であるロシア-ウクライナのハッカーグループ「Stealth」のリーダーであるLovinGODが、テロリズムへの支持を過去のインタビューで表明した。1999年にジャーナル「TI#1」において行われたインタビューで、LovinGOD(または"LG")は、「私はテロリズムを支

国際 海外情報
◆概要:
 論争の的であるロシア-ウクライナのハッカーグループ「Stealth」のリーダーであるLovinGODが、テロリズムへの支持を過去のインタビューで表明した。1999年にジャーナル「TI#1」において行われたインタビューで、LovinGOD(または"LG")は、「私はテロリズムを支持する。この病んだ社会に対する私の気持ちを表明するために、破壊的なものだけを作成する」と述べた。

 同インタビューで、LGは「Tchechenファミリーのウイルスを作成したのは私です。この事実に誇りを持っているとは言えませんが、私は未完成ではあるが独創的なプロジェクトを他に多く抱えています。しかし、この(Tchechen)ファミリーのウイルスには高いレベルの技術が複数含まれ、広範囲に拡散しました。これらは(私が作成した)独創的なウイルスだったのです。」と語った。

 LGは、旧ソ連ロシアのハッカー学校(Russian Civil Hackers' School)で教官を務めていた間、一部のハッカー志望の生徒から多大の信望を集めていた(ID# 109790, June 10, 2002)。


◆情報ソース:
 iDEFENSE Intelligence Operations, June 10, 2002

◆キーワード:
 Virus: Other Crackers
 Cyber terrorists Malicious code author
 Hacker Group: Other Russia
 Ukraine

◆分析:
 (iDEFENSE 米国) 最近、Igor Dikshevという内部者によって、LovinGODは「すべてを暴露する」ハッカーとして批判を受けるようになった。Igor Dikshevは、同グループがLGの要望を満たすための一団に化したと指摘している(ID# 109785, June 10, 2002)。

 LovinGODまたはStealthグループが、テロリストの動きに関連を持つかどうかは現時点で明らかでない。これまでの情報によると、LGがテロリズムを支持する理由は無政府主義への傾倒だと思われる。Dikshevは、LGが「chernukha」(現実世界の否定したり、裏社会を扱う芸術や文学を意味するロシア語)に非常に興味を抱いていると考えている。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【12:05 GMT、06、12、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×