最新webMathematicaでディレクトリートラバーサルのバグを修正 | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

最新webMathematicaでディレクトリートラバーサルのバグを修正

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Wolfram Research社製品webMathematicaの最新バージョンに含まれている修正によって、攻撃者がリモートでディレクトリートラバーサルのバグを利用してJavaベースのアプリケーションをホスティングしているサーバー上

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Wolfram Research社製品webMathematicaの最新バージョンに含まれている修正によって、攻撃者がリモートでディレクトリートラバーサルのバグを利用してJavaベースのアプリケーションをホスティングしているサーバー上で任意のファイルを表示してしまう危険性を回避できる。この問題は、攻撃者が当該アプリケーションをホスティングしているサーバーに存在する機密情報への不正なアクセス権を入手できる危険性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【18:26 GMT、06、19、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×