Frethemの感染件数が増加中 | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

Frethemの感染件数が増加中

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Frethemが特にアフリカと米国でさらに広まっている。複数の亜種の存在が確認されており、うち1つの亜種はここ2日間でかなりの成功を収めている。当該ワームは、2002年6月12日、ラトビアで発見された。その後、28か国

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Frethemが特にアフリカと米国でさらに広まっている。複数の亜種の存在が確認されており、うち1つの亜種はここ2日間でかなりの成功を収めている。当該ワームは、2002年6月12日、ラトビアで発見された。その後、28か国で1,000件を超える感染が確認されている。感染の主な地域は南アフリカ、ラトビア、米国である。Frethemワームは、アンチウイルスソフトウェアを使用していない、あるいは安全なコンピューターの使用法を実践していないホームユーザーを中心に被害が拡散する可能性がある。Frethemの拡散の方法や手段はKlez同様手の込んでいない「二流の」ウイルスと言えるであろう。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【17:42 GMT、06、13、2002】


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ウィルスにかかったら いますぐダウンロード!
http://www.vector.co.jp/shop/vagabond/catalogue/vb/?srno=SR026195&site=vg
http://www.vector.co.jp/swreg/catalogue/norton/?srno=SR026803&site=vg
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×