Shambalaのバグを利用してサーバーをクラッシュさせ、ディレクトリートラバーサルを許可 | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

Shambalaのバグを利用してサーバーをクラッシュさせ、ディレクトリートラバーサルを許可

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、報道によれば、Evolvable社のShambala Serverの2つのバグを利用して、リモート攻撃者は任意のファイルを盗用したり、サーバー自体をクラッシュさせたりできる。パスワードファイルのファイルにアクセスすることで、攻

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、報道によれば、Evolvable社のShambala Serverの2つのバグを利用して、リモート攻撃者は任意のファイルを盗用したり、サーバー自体をクラッシュさせたりできる。パスワードファイルのファイルにアクセスすることで、攻撃者はウェブサーバーの管理ウェブインターフェースへのアクセス権限を入手できる可能性がある。入手に成功した場合、攻撃者はトロイの木馬プログラム、悪意のあるコードなどをアップロードできる。ウェブサーバーがクラッシュすると、正規のユーザーは、ウェブサーバーが正常に機能していれば利用可能なリソースにアクセス不可能になる。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【17:09 GMT、05、31、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×