パスワードの露呈が存在するCibleclickのクッキー | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

パスワードの露呈が存在するCibleclickのクッキー

国際 海外情報

◆概要:
 フランスの企業でバナー交換加盟プログラムを運営するCibleclick社は、クッキー内にテキスト形式でパスワードを保存するクッキーを使用している。このため、JavaScriptなどを使ってクッキーを探知・取得できる攻撃者は、容易に他のアカウントにアクセスできてしまう。尚、このベンダーは当該脆弱性について連絡を受けているようだが、今のところ何の対応も行われていない。

◆情報ソース:
・Securitinfo.com
 ( http://www.securiteinfo.com/attaques/hacking/cibleclick.shtml ),
 May 12, 2002

◆分析:
(iDEFENSE 米国) サイトからクッキーを受信する際は、用心深くクッキーを調べ、パスワードやクレジットカード番号など、重要なユーザー情報がテキスト形式で保存されていないことを確認する必要がある。今回の場合は Cibleclickクッキーを調べ、文字列「MYPASWORDD」を探す。この文字列の直後に、ユーザーのパスワードがテキスト形式で保存されている。

5/13/2002@13:30:04GMT ID#109207J:
※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【13:30 GMT、05、13、2002】


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×