住民基本台帳ネットを担当する地方自治情報センターのサイトに脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

住民基本台帳ネットを担当する地方自治情報センターのサイトに脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

 住民基本台帳ネットを担当する、地方自治情報センターのサイトにクロスサイトスクリプティング脆弱性が発見された。
 今回発見されたのは、同センターのWebサイト内に設置されている「ホームページ内検索」のコーナーに設置されているCGIで、キーワードの入力フォームにスクリプトを挿入することで、任意のスクリプトを実行出来る典型的な問題である。

 同サイトにはこの検索コーナーのみにCGIが設置されているようだが、Web管理者がクロスサイトスクリプティングの脆弱性を理解していない可能性がある。そのため、もし仮に同サイト内に住民基本台帳の検索機能などが設置された場合、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が発生する可能性も否定出来ないなど、将来に不安を覚えてしまう。

財団法人地方自治情報センター
http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/

財団法人地方自治情報センターのホームページ内検索ページ
http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/la_search/la_Hakken.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×