NRA と早稲田大学、民間企業6社が無料のセキュリティ情報サービスを開始 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

NRA と早稲田大学、民間企業6社が無料のセキュリティ情報サービスを開始

製品・サービス・業界動向 業界動向

 特定非営利活動法人ネットワークリスクマネジメント協会(以下「NRA」)と早稲田大学(総長 奥島孝康)は、民間企業6社(いずれもNRA会員)の協力を得て、ワールドワイドのネットワークセキュリティ脆弱性情報を日本語化するとともにデータベース化して、その成果を無償で公開することを発表した。

 この情報の元となっているのは、脆弱性検知システムや不正侵入検知システムで知られる ISS社 の脆弱性データベースである。
 脆弱性検知システムや不正侵入検知システムを提供するために、つねに最新の脆弱性を発見し、データベース化することが不可欠である。そのため、脆弱性検知システムや不正侵入検知システムのベンダは、こうした脆弱性情報を保有している。

 脆弱性検知システムや不正侵入検知システムを提供する企業のデータベースを日本語化して提供するサービスは、国内では、すでに Scan Daily EXpress がイスラエルの脆弱性検知システムベンダ Beyond Security 社の SecuriTeamのライセンスを受けて行っている。

最近の SecuriTeam 社提供の脆弱性情報のヘッドライン
https://www.netsecurity.ne.jp/article/2/4914.html
https://www.netsecurity.ne.jp/article/2/4818.html
SecuriTeam
http://www.securiteam.com/

 今回のこのサービスは無償であり、広くわが国のセキュリティの向上に役立つことが期待できる。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×