Chernobylが現在も拡散中 | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

Chernobylが現在も拡散中

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Chernobylの拡散が現在も続いている。ただし、最新のアンチウイルスソフトウェアを利用しているコンピューターに対するリスクはほとんどない。Chernobylの多くは、アジアの海賊版CDやその他のソフトウェアによって再

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Chernobylの拡散が現在も続いている。ただし、最新のアンチウイルスソフトウェアを利用しているコンピューターに対するリスクはほとんどない。Chernobylの多くは、アジアの海賊版CDやその他のソフトウェアによって再感染している。Chernobylは、企業環境よりも家庭やスモールオフィス環境での感染率が高い。また、アジアとアフリカの一部ではChernobyl の感染率が特に高いが、これは近年のテクノロジーの発達と最初のChernobyl感染の問題などに起因している。Chernobyl には、ドライブのフォーマットとBIOS設定のフラッシュを試行する非常に悪質なペイロードが含まれており、機能を回復するためにはメーカーでの修理が必要な場合もある。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【02:46 GMT、04、27、2002】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ウィルスにかかったら いますぐダウンロード!
http://www.vector.co.jp/shop/vagabond/catalogue/vb/?srno=SR026195&site=vg
http://www.vector.co.jp/swreg/catalogue/norton/?srno=SR026803&site=vg
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×