オペレーティングシステムのstdioの脆弱性がユーティリティーで検知可能 | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

オペレーティングシステムのstdioの脆弱性がユーティリティーで検知可能

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、FreeBSDオペレーティングシステムで、バッファ付きのstdio標準入出力パッケージに発見されたセキュリティの脆弱性が他のオペレーティングシステムにも存在する可能性がある。攻撃者がこの脆弱性を利用すると、不適切

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、FreeBSDオペレーティングシステムで、バッファ付きのstdio標準入出力パッケージに発見されたセキュリティの脆弱性が他のオペレーティングシステムにも存在する可能性がある。攻撃者がこの脆弱性を利用すると、不適切に書かれたsetuid/setgidバイナリを介して、さらに上のレベルの権限取得が可能になる。現在、オペレーティングシステムが脆弱性を持つかどうかをテストするシンプルなユーティリティーがリリースされている。また、FreeBSDProjectは、FreeBSDオペレーティングシステムの脆弱性をパッチ修正した。少なくとも「keyinit」アプリケーションにおいて、この脆弱性が利用されることがわかっている。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【13:54 GMT、04、24、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×