ネットワークアソシエイツのソリューションを米国国防総省が新たに追加(米ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

ネットワークアソシエイツのソリューションを米国国防総省が新たに追加(米ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米ネットワークアソシエイツ社は4月23日、米国国防総省(DOD)に提供している同社のMcAfeeソリューションとして、「McAfee ePolicy Orchestrator」「McAfee Desktop Firewall」「McAfee VirusScan Wireless」を追加したと発表した。
 米ネットワークアソシエイツ社はDODと2002年第一四半期に締結した契約により、複合型脅威の増加、無線接続の増加を見越してMcAfee VirusScan Wirelessを選択した。なお、このMcAfee VirusScan WirelessハンドヘルドデバイスとPCを同期させる際に、ウイルスの感染からユーザを保護する製品。 国防総省情報システム局(DISA)では、製品のスケーラビリティの高さ、これまでの同社の実績を評価したうえで、同社の製品を選択したとのこと。「McAfee Desktop Firewall」はパケット、アプリケーションフィルタリングがIDSテクノロジと統合されており、これをMcAfee ePolicy Orchestratorにて一元管理が可能。また、McAfee Desktop Firewallには「Small Rules」「Learning Mode」機能が搭載されており、これによりIT管理者はインバウンド、アウトバウンド双方のトラフィックに対する包括的なポリシーを短時間で構築することが可能となり、ユーザは意識せずともアップデートなどを徹底することが可能となる。

http://www.nai.com/japan/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×