ネットワークアソシエイツのソリューションを米国国防総省が新たに追加(米ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2022.12.01(木)

ネットワークアソシエイツのソリューションを米国国防総省が新たに追加(米ネットワークアソシエイツ)

 米ネットワークアソシエイツ社は4月23日、米国国防総省(DOD)に提供している同社のMcAfeeソリューションとして、「McAfee ePolicy Orchestrator」「McAfee Desktop Firewall」「McAfee VirusScan Wireless」を追加したと発表した。  米ネットワークアソシエイツ社は

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米ネットワークアソシエイツ社は4月23日、米国国防総省(DOD)に提供している同社のMcAfeeソリューションとして、「McAfee ePolicy Orchestrator」「McAfee Desktop Firewall」「McAfee VirusScan Wireless」を追加したと発表した。
 米ネットワークアソシエイツ社はDODと2002年第一四半期に締結した契約により、複合型脅威の増加、無線接続の増加を見越してMcAfee VirusScan Wirelessを選択した。なお、このMcAfee VirusScan WirelessハンドヘルドデバイスとPCを同期させる際に、ウイルスの感染からユーザを保護する製品。 国防総省情報システム局(DISA)では、製品のスケーラビリティの高さ、これまでの同社の実績を評価したうえで、同社の製品を選択したとのこと。「McAfee Desktop Firewall」はパケット、アプリケーションフィルタリングがIDSテクノロジと統合されており、これをMcAfee ePolicy Orchestratorにて一元管理が可能。また、McAfee Desktop Firewallには「Small Rules」「Learning Mode」機能が搭載されており、これによりIT管理者はインバウンド、アウトバウンド双方のトラフィックに対する包括的なポリシーを短時間で構築することが可能となり、ユーザは意識せずともアップデートなどを徹底することが可能となる。

http://www.nai.com/japan/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×