ConectivaがCUPSのバッファオーバーフローを修正 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

ConectivaがCUPSのバッファオーバーフローを修正

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Conectiva SAは、Easy Software ProductsのCUPS (Common Unix Printing System)パッケージのバッファオーバーフローを修正するアップデート版をリリースした。CUPSの旧バージョンでは、"ippRead()" 関数において、属

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Conectiva SAは、Easy Software ProductsのCUPS (Common Unix Printing System)パッケージのバッファオーバーフローを修正するアップデート版をリリースした。CUPSの旧バージョンでは、"ippRead()" 関数において、属性名の長さと言語値を含む文字列の適切な検査が実行されないため、攻撃者は、余分なデータを追加してバッファをオーバーフローさせることができる。オペレーティングシステムが構造化データを処理すると、システム上で任意コマンドを実行できる可能性がある。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスは下記のURLよりお申込みいただけ
 ます
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【14:21 GMT、04、04、2002】

(詳しくはScan および Scan Daily EXpress 本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
http://shop.vagabond.co.jp/m-sdx01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×