Black Tie Project のシステム情報およびパスを露呈する脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

Black Tie Project のシステム情報およびパスを露呈する脆弱性

[翻訳:関谷 麻美] 2002年3月16日

国際 海外情報
[翻訳:関谷 麻美]
2002年3月16日

◆概要:
 Black Tie Project(BTP)は、独立したモジュールで構成されるモジュラー関連のポータルシステムだ。BTP を使用すると、モジュールの追加や削除、そしてモジュールの作成やカスタマイズも可能になる。
 BTP はフランス語で作成され、PHP でコード化されている。そして wap、記事項目、コメント、メール、ニュースなどを伴うモジュールを含む。
 BTP にある脆弱性を利用すると、リモートユーザは Web root の絶対パスを見ることができる。

◆詳細:
脆弱なシステム:
BTP v0.5b、v0.5、v04.b

 悪意ある HTTP 要求を BTP が動作するサイトに送ることにより、全てのリモートユーザは、Web root の絶対パス、およびシステムに関する詳細も露呈させることができる。

 この問題を利用するには、"categorie.php3" の無効なカテゴリーID(cid) を要求する。

例:
http://BTP_site/categorie.php3?cid=blahblah
ここで、"blahblah"は存在しないカテゴリー番号。

 下記のように、エラーメッセージの中に Web root を返す。
"Warning: Unable to jump to row 0 on MySQL result index 2 in /home/software/a/htdocs/site/examplesite.com/categorie.php3 on line 11"

 この情報は、脆弱な BTP システムを稼動するホストへの " より高度な" 攻撃を手助けするために利用される恐れがある。

◆ベンダーの対応:
 ベンダーは、Black Tie Project に脆弱性を認め、数ヶ月内にモジュールを修正してセキュリティを強化した新バージョンをリリースする予定であると述べた。

◆回避方法:
 下記のように、categorie.php3 に IF ELSE ステートメントを入力する。if ($requested_cat_number == "") {
die ("Categorie number not found!");
}
else {
// the original script functions
}

◆追加情報:
 Ahmet Sabri ALPER がこの情報を提供した。

[情報提供:SecuriTeam]
http://www.securiteam.com/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×