BitVise WinSSH にサービス使用不能拒否を引き起こす脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

BitVise WinSSH にサービス使用不能拒否を引き起こす脆弱性

[翻訳:関谷 麻美] 2002年3月18日

国際 海外情報
[翻訳:関谷 麻美]
2002年3月18日

◆概要:
 BitVise Secure Shell 2 は、パブリックなネットワークを介したコンピュータ間の様々な接続に安全性を提供するパワフルなプロトコルだ。すなわち、安全なログイン・シェルは、多数の利用され得る SSH2 の一つだ。
 "悪意ある接続の試み" を利用して、悪意あるユーザはサーバを SSH 接続要求を受け入れない状態にする。

◆詳細:
脆弱なシステム:
Windows 2000 Server で稼動する 2002年3月16日より前の BitVise WinSSH
 SSHd と下位のソケット・レイヤーの違いにより、セッションを突然に終了させ、そしてSSHd がセッションを適切に解放させないようにすることができる。各々の不完全な接続は、いくつかのメモリ・ハンドルを使い果たし、ページングされないカーネル・メモリーを割り当てる。

 Windows は、ある一定量のカーネル・メモリーの割り当てのみ処理することができ、その量を超えると、殆どのアプリケーションは異常な動作を始める。

 テストの際、そのサーバは port 22 への接続の受け入れを停止した(接続拒否)。これはおよそ 1840x254 接続を取得したが、時間もしくは帯域幅に関するものではないので、通常のダイアルアップのモデムからこの攻撃を実行し、未だに成功することが可能と思われる。

修正プログラム:
 ベンダーは、未承認の同時セッションの量を制限し、各接続に 60 秒のタイムアウトを設定した。

◆ベンダーの対応:
 ベンダーには2002年2月25日に連絡をとった。そして、ベンダーはこの問題を修正した新規ビルドを3月16日にリリースした。2002年3月18日、本アドバイザリーで指摘された問題をパッチが修正したことを確認した。

◆解決策:
 最新版ビルドにアップグレードすること。
下記の URL からダウンロードできる。

http://www.bitvise.com/existing-users.html

◆追加情報:
 Peter Grundl がこの情報を提供した。

[情報提供:SecuriTeam]
http://www.securiteam.com/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×