Penguin TraceRoute は、リモートコマンドの実行を可能にする | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

Penguin TraceRoute は、リモートコマンドの実行を可能にする

[翻訳:関谷 麻美] 2002年3月22日

国際 海外情報
[翻訳:関谷 麻美]
2002年3月22日

◆概要:
 Perl を使ったホスト追跡ルーティング・プログラムのPenguin TraceRoute に脆弱性が確認された。リモート攻撃者はその脆弱性を利用して、perl スクリプトで任意のコマンドを実行することが可能になる。

◆詳細:
脆弱なシステム:
Penguin TraceRoute バージョン 1.0

 このスクリプトは、望ましくない文字をフィルタで除外しない。すなわち ; | 文字を使うと使用しているユーザの権限を持って任意のコマンドを実行することを可能にする。

例:
"127.0.0.1;cat /www/secure/.htpasswd"
Or if the user has write access:
もしくは、ユーザが書き込みアクセス権を持っている場合、
"127.0.0.1;echo I iz 1337>index.html".

修正プログラムに関する情報:
 好きなテキスト・エディタで perl スクリプトを開き、"$host = $q->param('host');" を持つ行を見つけなさい。通常それは 13 行目にあり、そしてその行の下に "$host =~ s/[;<>*|'&$!?#()[]{}:'"\]//g;" の行を追加する。これで、全ての望ましくない文字を除く。

◆追加情報:
 paul jenkins がこの情報を提供した。

[情報提供:SecuriTeam]
http://www.securiteam.com/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×