米国連邦捜査局がIT改革を真剣に考慮 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

米国連邦捜査局がIT改革を真剣に考慮

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、FBIの長官は、同局の管理職全員が法務省の監察官が作成した重要な報告書である「21世紀の米国連邦捜査局(FBIの改革)」を読むことを勧めているとのこと。報告書には、同局のコンピュータシステムに様々な弱点があり、同局が収集/格納している情報がきちんと管理されていないと記載されているという。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【21:15 GMT、03、24、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×