米国連邦捜査局がIT改革を真剣に考慮 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

米国連邦捜査局がIT改革を真剣に考慮

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、FBIの長官は、同局の管理職全員が法務省の監察官が作成した重要な報告書である「21世紀の米国連邦捜査局(FBIの改革)」を読むことを勧めているとのこと。報告書には、同局のコンピュータシステムに様々な弱点があり

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、FBIの長官は、同局の管理職全員が法務省の監察官が作成した重要な報告書である「21世紀の米国連邦捜査局(FBIの改革)」を読むことを勧めているとのこと。報告書には、同局のコンピュータシステムに様々な弱点があり、同局が収集/格納している情報がきちんと管理されていないと記載されているという。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【21:15 GMT、03、24、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×